がおまる開発ブログ

cocos2d-xやlevelhelperを使って iPhone/Androidアプリの作り方を解説します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPI広告を試す!GameFeatってどやさ!

CPI広告を試す!GameFeat編です!
これはAndroid限定です!

現状iOS版は未対応です!
まもなくiOS版も対応するらしいです。

特徴
カジュアルゲームに特化したCPI広告
・運営元があの「マッチに火をつけろ」のベーシック
・1成果毎に平均200円以上!
・GameFeatを導入しているアプリに対して相互に自社アプリを無料で掲載できる

結構導入単価も高くて、運営元がベーシックなんで露出の機会が増えると思います。
相互掲載できるのが最大のメリット!

マッチに火をつけろも導入しているので、
おすすめアプリに掲載されることもあり!?

s_20130211_2.png

s_20130211_3.png

実際にはこんな感じに掲載されました。
「マッチに火をつけろ」で出たのを確認しています。
s_20130209_7.png

s_20130211_4.png

僕のアプリの場合はボタンをクリックすると
GameFeatのおすすめアプリページに遷移するようにしています。
s_20130209_5.png

ボタンを押すと、このページになります。
「オススメ」部分が成果報酬型広告になります。
s_20130209_6.png
スポンサーサイト

Exit広告がアツい!

最近appCもExit広告に対応してきました。
そこで2社の特徴を改めて確認してみましょう!

あずはBeadのExit広告
Beadの特徴はダウンロードボタン押せば収益になりますよね〜
s_20130122_1.png

続いてappCのExit広告
appCの特徴は成果報酬型!
ユーザーがアプリをダウンロードして更にインストールされれば課金となります。
ちょっと敷居が高いけど、1インストールあたり数百円単位の報酬がもらえます。
s_20130201_0.png

appCはデザインが奥ばった感じで何とも凄いことになっています。
まだ始まったばかりで同じ広告しか出てないのが辛い所ですが、近々に全ての案件がExit広告として出し始めるようです。

スイッチングなどを表示を切り替えてもよし、
片方だけ表示するぜってのもよし、
どちらをするのかはあなた次第!

ここで先月のBeadのExit広告費を大発表!!
全ての合算したデータです!どーん!

175,951imp
2,235クリック
1.277% CTR
¥19,588(単価:¥8.7)


意外とクリックされているなぁ〜という印象です。
終了時にさらにもう一収益ってお考えの方には導入した方が良いかもしれません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。