がおまる開発ブログ

cocos2d-xやlevelhelperを使って iPhone/Androidアプリの作り方を解説します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cocos2d-x環境構築〜iOSテンプレート起動まで

cocos2d-xの導入から簡単に解説。

導入環境
・Xcode4.5.2
・cocos2d-2.1beta3-x-2.1.0

プロジェクトのインストール
まずはCocos2d-x | Downloadからcocos2d-xのzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたら、解凍してDocumentsフォルダにでも保存しましょう。
僕の場合はこんな感じ。

/Users/hirophilip/Documents/Project/iOS/cocos2d/cocos2d-2.1beta3-x-2.1.0/


ターミナルからcocos2d-2.1beta3-x-2.1.0フォルダの中に移動して、Xcode用のテンプレートインストールコマンドを実行しましょう。
sudo」がよく忘れるw

# sudo ./install-templates-xcode.sh


古いバージョンの場合はオプション付ければ上書きされます。

# sudo ./install-templates-xcode.sh -f


Xcode起動
良くあるブログではBox2dのサンプルをあまり見かけなかったんで、
Box2dのテンプレートでプロジェクトを作成してみます。
s_0.png

cocos2dx_box2dを選択します。


s_1.png
プロジェクト名を入力します。

s_20130112_2.png
ビルドしてエミュレータなどで確認してください。

無事起動出来ればOKです。
iOS版はあっという間に環境構築できちゃいます。

次はandroidです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gaomar.blog.fc2.com/tb.php/2-064423b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。