がおまる開発ブログ

cocos2d-xやlevelhelperを使って iPhone/Androidアプリの作り方を解説します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cocos2d-xにExit広告を導入してみる[Android編]

cocos2d-xにビヨンドのExit広告を導入してみましょう!

まずはビヨンドの管理サイトに行って、
アプリの登録を行なってください。

s_20130131_0.png

s_20130131_1.png

アプリの情報を入れ終えたら、タグ取得でSDKやIDを取得してください。
s_20130131_2.png

s_20130131_3.png


戻るボタンの実装は過去の記事を参考にしてください。


void HelloWorld::keyBackClicked()
{
// androidに投げる
CCMessageBox("ExitAd", "command");
}


Eclipseを起動してください。
先ほどダウンロードしたSDKを解凍して、beadsdk-v1.1.0.jarファイルをプロジェクトに追加しましょう

s_20130131_4.png


続いてCocos2dxActivity.javaを編集していきます。
s_20130131_5.png


public abstract class Cocos2dxActivity extends Activity implements Cocos2dxHelperListener {

private static Cocos2dxActivity myref;
// Exit広告
private Bead mBead;
// Exit広告ID
private final String exitAdID = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";

@Override
protected void onCreate(final Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);

this.init();

Cocos2dxHelper.init(this, this);

myref = this;

mBead = Bead.createExitInstance(exitAdID, ContentsOrientation.Auto);
mBead.requestAd(this);
mBead.setOnFinishClickListener(new OnClickListener() {

@Override
public void onClick(View v) {
// Exit広告終了処理
mBead.endAd();
// アプリを終了させる
android.os.Process.killProcess(android.os.Process.myPid());
}
});
}

@Override
public void showDialog(final String pTitle, final String pMessage) {
if (pTitle.equals("command") && pMessage.indexOf("ExitAd") >= 0) {
myref.dispExitAd();
}
}

// Exit広告を表示する
public void dispExitAd() {
Cocos2dxActivity.this.runOnUiThread(new Runnable() {
@Override
public void run() {
mBead.showAd(Cocos2dxActivity.this);
}
});
}
}



これで実行すれば、Exit広告が表示されるはずです。

s_20130131_6.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gaomar.blog.fc2.com/tb.php/32-0dd215a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。