がおまる開発ブログ

cocos2d-xやlevelhelperを使って iPhone/Androidアプリの作り方を解説します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリをSDカードにインストールする

最近androidアプリに進出を検討されている方も多いと思うので、
android独自のこれは入れとけという設定を書いていきます。

まずは、アプリをSDカードにインストールするやり方です。
本体メモリが少ない機種もあるので、SDカードに移動させるのはもはや必須といえます。
では早速行きましょう!


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="hogehogeパッケージ"
android:installLocation="preferExternal"
android:versionCode="1"
android:versionName="1.0">

<uses-sdk android:minSdkVersion="8"/>
<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

<application android:label="@string/app_name"
android:debuggable="false"
android:icon="@drawable/icon">

省略

</application>
</manifest>


このようにandroid:installLocationで指定します。
他にもオプションがあります。

internalOnly : 内蔵メモリへのインストールのみ許可します。
auto : 内蔵メモリ優先でインストールします。しかし内蔵メモリの容量が一杯だった場合はSDカードへ保存されます。
preferExternal : SDカードを優先してインストールしますが、SDカードの容量が一杯だった場合は内蔵メモリへインストールされます。

preferExternalを選択するのが無難ですね。
しかしAndroid 2.2以上が対象なので、<uses-sdk android:minSdkVersion="8"/>にしておきます。

簡単ですね!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gaomar.blog.fc2.com/tb.php/68-bc21d4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。